フェアソリューションズは、老人ホーム・介護施設、保育園・幼稚園、病院などの“食のコンサルティング“を通じて、経営資源を強化するお手伝いをしています。

HOME >ウルトラファインバブル水について

ウルトラファインバブル水について

人と環境に優しい消毒剤(液)
「UFBハイブリット機能水」
99.85%は水です

「U F B W (ウルトラファインバブル水)」

超極微細な気泡入りの水です。
1nm(ナノメートル)は1/1.000.000.000m(10億分の1m )。
ナノバブル微小現象と共に濃縮してい表面張力の境界で気泡は消滅時に、イオン電子(-)のエネルギーが水や有機微生物(+)「ノロウイルス、インフルエンザ、芽胞菌、黄色ブドウ球菌等々と結合してその分子分解殺菌します。

※人類を苦しめているウイルス、細菌、カビ、錆等々の直径は、
1.ノロウイルス30~38nm
2.インフルエンザ 80~120nm
3.錆10~50nm
4.カビ2~10um、(青かび、麹菌カビ等々)  「UFB機能水は 56.9~80nm」。
「類は友を呼ぶ」の原理から殺菌力は既存の表面殺菌ではなく、ナノサイズの奥まで完全に破壊(殺菌)します。

YUZU電子では、その超極微細な気泡入りの水に、2つの特許技術の融合と調和で異次元の食中毒菌、ウイルス、カビ、錆、臭い対策の消毒液(剤)お届けします。

  1. UFB(ウルトラファイン)水とは

    超極小の気泡で、肉眼では透明な水にしか見えません。

  2. 気泡の対比

    マイクロバブルは100万分の1(1/1.000.000m)(通常ナノバブルと呼ばれる)
    ・肉眼では見えない ::液中でゆっくりと浮上します
    ※ナノバブルは10億分の1( 1/1.000.ooo.000m)
    ・肉眼では見えない::長時間水中に滞在します
    「ピコの水」1兆分の1で、未だ地球上には存在しません。

  3. 「UFB機能水」1㎣(立方)内に約12億8千万の超微粒子泡を有します

    実験上では23億個(島津製作所のブラウン運動係数測定器)が確認出来ました。

  4. 自己加圧効果による圧壊 で威力を発揮する

    ※ 奇相と液相(気液分散系)の二相間で形成される界面張力が生じます。界面張力は、気泡の大きさに反比例して気泡に加わる圧力が高まると言われている。その為、超極小なUFBは圧力により、一層小さくなりさらに圧力が高まります。
    やがて自己加圧の効果により消滅すると考えられます。

  5. 圧壊にフリーラジカル(遊離基)を生成

    自己圧壊作用に物質が分散されフリーラジカル(游離基?)が生成されると考えられる

  6. 気泡表面がマイナスに帯電

    UFBは負コロイド(ニカワ質)としての側面があり、負に帯電をしています。この為UFB同士は反発し合う為UFB同士の結合が無く、気泡数は減少しません。

  7. ウルトラファインバブルの洗浄効果

    ※※ UFBは「マイナス(-)」の電荷を帯びている。そため、水中に漂う微細汚濁物質「プラス(+)」に電荷を吸着します。
    ※※ UFBはマイナス(-)が、有機物(+)を引き寄せる作用を持っており、洗浄効果があると考えられます。

  8. UFBの減菌効果

    菌の増殖の抑制に非常に大きな効果を持つのも、UFBの特筆すべき点です。
    ※圧壊時に発生するフリーラジカル(游離基?)の作用により、菌やウイルスを攻撃して増殖を抑制すると考えられている。

  9. 酸化の抑制

    酸化の抑制 ※※ 酸化還元電位が低くなる傾向が見られます。
    酸化還元電位(ORP)とは、その物質が他の物質を酸化しやすい状態にあるのか、還元しやすい状態にあるのかを表す指標です。
    ※野菜類のビタミンCを破壊する事は無く、逆に鮮度を保ちます。
    ※※魚の養殖にも魚肉の褐色変化を抑制鮮度保持にも活用されています。

  10. 現在活用されている、負の遺産を払しょくします。

    99.85%は水です。
    市場に出回っている消毒殺菌剤の負の面を完全にカバーします。
    A)。次亜塩素酸ナトリウム系:
    ※:人体、皮膚への使用には向かない。⇒問題なし
    ※:鉄、アルミ、金属類を腐食させる。⇒より綺麗にする
    ※:食品の旨味、風味、香、鮮度を落とす。⇒ビタミンC等々を破壊せず鮮度を保つ
    B)。エタノール系:
    ※:完全に乾燥した状態でないと効果が薄れる。⇒洗浄前でも効果抜群
    ※:火気厳禁、火の回りでは危険。⇒火気への心配はゼロ、全く新年号は無用
    ※:ウイルスへの対応は難しい。⇒日本文化センターからお墨付きを頂いている試験結果を添付致します。

     

以上のUFBの説明にあります様に「UFB機能水」は、地球に優しい水からの商品で有ります。その消毒(剤)の威力効果は正に異次元の結果をもたらしてくれます。
この「UFB機能水」は市販されている、次亜塩素酸ナトリウム系、二酸化塩素系やエタノール系消毒剤の弱点をほぼカバーした商品であります。

開発にあたって福岡氏は全く違った、新しい科学的視点発想し開発しました。着眼したのは、UFBのフリーラジカル(游離基?)と気泡の消滅時の自然な破壊力(殺菌力)です。

製品化されたこの「UFB機能水」は手洗い後のアルコール消毒による手荒れや、次亜塩素酸ナトリウム系や二酸化塩素系の腐食による資産の損失等々完全にカバーする事が出来ます。

昨年件数の1番多かったアニサキスによる食中毒には無理ですが、ノロウイル、カンピロバクター、セレウス菌やインフルエンザ予防に最適最高の消毒剤です。